梅崎由起子の藍染めの日々


梅崎由起子の活動をお知らせするページ
by umezakiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2015年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

日々

e0182904_1840508.jpg
先日、藍師の村井さんから藍が送られてきました♪
いつも、藍と共に播磨藍便りという読み物をつけて下さいます。
こちらも、1年に1度のお楽しみです。

今日はここに書かれていた

「藍作の行方3」 をご紹介したいと思います。

以前にも書きましたが、スクモが足りません。平成22年度の播磨藍便り③を書いている時には。染色人口の減少と作付の減少は同じようであった、またはやや生産過剰であったと記憶しています。そしあくまでも推測ですが阿波藍が約800~1000俵、伊達藍が360~400俵、播磨藍が50俵と記述しています。そしてついに2年前(平成25年)にはまだ在庫をかかえた藍屋さんが数件ありました。しかし本当に蔵からなくなったのは昨年(平成26年)です。正確な数字はわかりませんが現在の生産量は、阿波藍、伊達藍、播磨藍合わせて1000俵くらいではないかと思われます。
 藍染めをする人の数が増えているようにも思いません、藍の製品が飛ぶように売れているというようにも思いません。昨年から更に多くの注文をもらうようになりました。播磨藍では毎年買ってくださる方にお譲りするのでさえおぼつかない状態です。スクモが売れるという事は本当にありがたく嬉しい事です。しかしお断りするのもそれにも増して辛い事だと感じました。
 増産する余地はないのか、どうしてできないのか?と電話の向こうから怒りにも似た嘆きが伝わってきます。需要があるんだから、もう少し作ったらいいじゃないかというのがもっともなご意見です。じゃあ、それができないのはなぜか?それは私達家族が作れる限界だからです。
 それでも播磨藍は平成26年度頑張って作付面積を増やしました。しかし虫の食害などにより思うように生産量を増やせませんでした。逆に増やしたことで家族が過労で倒れてしまうという辛い思いをしました。増産すれば必ず品質が下がるとは思わないですが、私達は上手く立ち振舞えるほどの器量はないようですし、何より家族あっての藍作です。ある時妻にこう言いました「今が播磨藍を大きくする機会かもしれんなぁ、でも残念やけど俺にはその才覚はないわ」
 それでが具体的にどの作業が、藍の生産性を阻んでいるのか?それは除草、施肥、潅水、刈り取り、粉成し、中でも「乾燥」こそが最も手間のかかる作業なのです。早朝より粉成した葉藍を干し場に持って行き、薄く広げて天日で乾燥させていきます。干し場の面積はテニスコート3面くらいあるでしょうか。7時くらいに干しても実際に太陽の威力が出始めるのが9時を回る頃からで。まずは1回目の反転作業。箒で表裏がひっくり返るようにし混ぜ返して行きます。一回の反転作業に2人で30分近くかかります。そのあと、10時半、11時半、12時半、1時過ぎ、2時過ぎ、3時過ぎと計約6回~7回ひっくり返す作業をします。夕方、湿気が戻らないうちに掃き集めます。その間に刈り取り、粉成し、除草、施肥などの作業を並行して行います。もちろん天気の悪い日などは乾燥器を使いますが、これはなかなか乾きません、燃料費ばかりがかかり、また乾燥して仕上がった色艶もあまりよろしくないように感じます。雲間から太陽が顔を出せば、わずかな時間でも日にあてるようにしています。
 このように原始的に見える乾燥法も、色の観点からすれば決して無駄な作業ではないように見えます。それどころか、最も重要な工程と捉えるべきだと最近感じるようになりました。無駄に見えること、もっとも合理的にやればできる事、私には意味があるように思えてなりません。それは根拠のないとらわらかもしれません。でも良いものができないうちは、先人のまねをしてその真偽を確かめなくてはと思います。その道のりは果てしなく遠いように思います。

全文です。

う~むとっても面白い!

その道のりは果てしなく遠い。
それがどういう事なのか、わかっていてもやらずにはいられない。
ホントに凄い!
そして、かっこいい!
[PR]
by umezakiyukiko | 2015-02-28 18:42 | 日々の事、藍の事

日々

e0182904_204059100.jpg

久しぶりに夜空が綺麗♪
寒いから?

最近は珍しく濃い藍の一色染めをしています。

深い藍色もいいもんですね〜

明日から「春待ち」展

どうぞよろしくお願いしま〜す♪
[PR]
by umezakiyukiko | 2015-02-27 20:35

日々

e0182904_1923840.jpg

今朝、山梨へ作品達が旅だって行きました。

いい方に出会ってよ〜♪

産みの母は心からそう思う笑

さて、明日から藍建てです♪
[PR]
by umezakiyukiko | 2015-02-26 19:18

日々

e0182904_19543269.jpg

山梨展の荷作りも終えひと段落。
結局、一日かかりました(≧∇≦)

そして、今から制作です(T ^ T)
まるで、修行。

この時期、仕事の手を止めると間に合わない病にかかってしまいます笑

さぁ〜やるで〜♪

素敵な夜をお過ごしください♪
[PR]
by umezakiyukiko | 2015-02-25 19:49

日々

e0182904_19305644.jpg

山梨展の準備や荷造りでバタバタしています(≧∇≦)

今回はストールやコースター、テーブルランナー、丹羽さんとのコラボトートbagも持って行きまーす♪

作品を通して素敵な出会いがありますよーに♪

それから、今回は在廊できそうにありません。作品達だけのお披露目となりますが、どうぞよろしくお願いいたします^ - ^
[PR]
by umezakiyukiko | 2015-02-24 19:25

日々

e0182904_20201728.jpg

2月のohako closeいたしました〜
ゆっくりお話ができてとっても楽しい時間を過ごす事ができました。
ohakoを持ちたいと思った初心を思い出します。

3月もどうぞお越しくださいね☆
[PR]
by umezakiyukiko | 2015-02-22 20:17

日々

e0182904_11302755.jpg

大丸神戸で夏の二人展をさせて頂いてます、吹きガラス作家の鈴木知子さんから素敵なお知らせが届きました♪

鈴木知子ガラス展
horizon in YOKOHAMA
2015年3月4日-10日
横浜高島屋 7階 正面エスカレーターサイド特設会場

地平線をモチーフにした「horizonglass」定番の夕暮れ時のシルエットや港町をイメージしたシリーズを中心に出展いたします。いろいろな飲み物を入れる事で、空の色を変えられるグラスなど、生活をちょっと楽しめるガラス作りをしています。

私も駆けつけたい気持ちでいっぱいです♪
[PR]
by umezakiyukiko | 2015-02-20 11:20

日々

e0182904_152348.jpg

久しぶりのよっちゃん。
二月の寒さにも耐えてます(≧∇≦)

みぞれ〜が降ってきましたね〜
今日も寒い一日です☆

素敵な午後をお過ごしくださいませ。

お知らせ
お陰様で二月のohakoは予約でいっぱいになりました。
三月のohakoはまだまだ空いていまーす
ぜひ、ご来店をお待ちしております。

[PR]
by umezakiyukiko | 2015-02-18 14:58

3月の藍ohako open日

e0182904_12412946.jpg

3月13日(金)
3月14日(土)

10:00-17:00
P2台有

3月1日-14日までは奈良の東大寺二月堂ではお水取りが開催されています♪
お水取りが終わる頃、暖かくなって春がやってくると言われています。
私も二月堂のお水取りは大好きな行事の一つで、そのスケールと信仰心にいつも感動します☆

ohakoから奈良公園までは車、バス(転害門で下車)で約15分です。ぜひ、色々楽しみを引っ掛けて遊びに来てくださーい♪

ohakoでゆっくりお過ごし頂きたい事からmailにて事前にご予約を頂いてます。

お待ちしておりまーす♪

contact@aiohako.jp
[PR]
by umezakiyukiko | 2015-02-15 12:31

日々

e0182904_14574415.jpg

今日はハッピーバースデーでした^ - ^
大好きなナカギリのチョコレートケーキのプレゼント♪

チョコのプレゼントはバレンタインに生まれた宿命です(T ^ T)

そして沢山のおめでとうメッセージありがとうございました!

最高に楽しい一年にしたいとおもいまーす♪
[PR]
by umezakiyukiko | 2015-02-14 14:54


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
プロフィール
梅崎由起子
奈良に生まれる
京都市立芸術大学大学院工芸専攻染織修了
2011 京都府木津川市にて藍染め工房を主催
2013 gallery&shop 藍ohakoをOPEN

藍を通して色々な方と出会って世界が広がっていく事が何より楽しい日々
●主な展覧会
「夏のしつらい展」(カナカナ 奈良町)
「金魚満堂」 (東京国際フォーラム・フォーラムアートショップ)
「凛風展」(桃林堂画廊東京青山)
「水むすぶ展」(スパイラルマーケット 東京青山)
「水の音 なついろ展」(日本橋高島屋 「暮しの工芸」 )
葛城市歴史博物館春季企画展「織と染め」(葛城市)
「現るかたち」展(染・清流館 京都)
「夏の二人展」(神戸大丸 くらしのギャラリー)
小さな藍美術館 常設展示 (京都 美山)
藍染型染展(小松クラフトスペース 秋田)
はつなつ展 (奈良 雑貨カウリ 奈良町)
清流展 (京都・染清流館)
藍洋装 展  (京都 モーネンスコンピス)
用の美-現代工芸の佇まいⅢ- (日本橋高島屋6階美術工芸サロン)
梅崎由起子 展 藍の手仕事 (お茶を楽しむギャラリー 阪急うめだ)

2017年展覧会予定
■梅崎由起子 藍の手仕事展 8月16日-22日(阪急梅田手仕事ギャラリー)
■個展 9月14日−25日 (WISH 神戸 )




●お問合せ先
梅崎由起子へのお便りはこちらからお願いいたします
contact@aiohako.jp
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧