梅崎由起子の藍染めの日々


梅崎由起子の活動をお知らせするページ
by umezakiyukiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

のれん染め

毎年この時期は箱本で暖簾染めのイベントを開催しています
参加者の方に3技法(絞り、板、型染め)から一つ選んで頂きオリエンテーションから始まって、宿題まであります。
そして染める日が2日間かけてじっくり取り組みます。
ですので、毎回違う方が参加されているのに年々完成度の高い暖簾が出来上がっています。
もちろん私は型染め担当で、バタバタしています。
今日は板締めの日だったのでアシスタントにまわらないといけなかったのですが、、皆様と一緒になって板締めをしてみました〜
が、、本気になるまで時間がかかる性格で、一通り染め終わった頃にやる気に、、
今日は実験日ということで、明日頑張って染めます(笑)
綺麗に桜の形に染まりますよ〜に(願)
[PR]
# by umezakiyukiko | 2010-01-30 17:53

制作の日々

先日より部分的に糊を置いてグラデーションをかけるように染めています
これは藍の魅力の一つで色の段階(薄い色〜濃い色)がとっても綺麗。
この布は三回型を置いて仕上げる予定です。
新作なので私もどんな感じになっていくのかまだ見たことがなくて、とても楽しみ〜
作り手やっててよかったと思う瞬間です

[PR]
# by umezakiyukiko | 2010-01-29 08:10

道具

e0182904_17372034.jpg

前に書きました筒がき用の筒です。
中に糊を適量入れて、上から糊がでないように口の部分を折り曲げて使います。
渋紙なので乾くと硬くなって使いにくいので水に濡らし握りやすい適当な硬さにして使います。

私のは使いたおしているのでいい具合です(笑)
[PR]
# by umezakiyukiko | 2010-01-27 17:37

制作の日々

e0182904_15284254.jpg

今日は筒でノリ置きをしています
型紙と同様の素材で柿渋で塗り固めた渋紙でできた円錐形の筒です。
先を切って好きな太さの線がでるようにします。
私は太くてしっかりした線が好きなので割と思い切って先を切り落とします。
今回は一度型を置き染めた後に筒で伏せてまた染めるを繰り返し藍の中間色を見せていけたらいいな〜と思って作っています。
他の型は筒と併用しないのですが、この型はその方がしっくりくるのでずっとこの方法で
積み上げるように布を作っています〜
[PR]
# by umezakiyukiko | 2010-01-25 15:28

そうや〜!

今日、奈良は若草山の山焼きです。
何年か前に全然忘れていて、帰宅途中で真っ赤に見える山を見てびっくり!
山火事晚
ではなかったのですが、、
なかなか、壮大な感じです〜
[PR]
# by umezakiyukiko | 2010-01-23 13:03


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
プロフィール
梅崎由起子
奈良に生まれる
京都市立芸術大学大学院工芸専攻染織修了
2011 京都府木津川市にて藍染め工房を主催
2013 gallery&shop 藍ohakoをOPEN

藍を通して色々な方と出会って世界が広がっていく事が何より楽しい日々
●主な展覧会
「夏のしつらい展」(カナカナ 奈良町)
「金魚満堂」 (東京国際フォーラム・フォーラムアートショップ)
「凛風展」(桃林堂画廊東京青山)
「水むすぶ展」(スパイラルマーケット 東京青山)
「水の音 なついろ展」(日本橋高島屋 「暮しの工芸」 )
葛城市歴史博物館春季企画展「織と染め」(葛城市)
「現るかたち」展(染・清流館 京都)
「夏の二人展」(神戸大丸 くらしのギャラリー)
小さな藍美術館 常設展示 (京都 美山)
藍染型染展(小松クラフトスペース 秋田)
はつなつ展 (奈良 雑貨カウリ 奈良町)
清流展 (京都・染清流館)
藍洋装 展  (京都 モーネンスコンピス)
用の美-現代工芸の佇まいⅢ- (日本橋高島屋6階美術工芸サロン)
梅崎由起子 展 藍の手仕事 (お茶を楽しむギャラリー 阪急うめだ)

2017年展覧会予定
■梅崎由起子 藍の手仕事展 8月16日-22日(阪急梅田手仕事ギャラリー)
■個展 9月14日−25日 (WISH 神戸 )




●お問合せ先
梅崎由起子へのお便りはこちらからお願いいたします
contact@aiohako.jp
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧